医院で異なる営業方針

競争の厳しい業界となる歯科業界

予防や美容、サービスが提供されている時間帯といった様々な需要の高騰によって歯科医院が数多く設置され、コンビニのようにどこにいても見かけられるようになってきました。これによって患者側はとても便利な状況になりました。 一方で、歯科を営業している側から見ると競合相手が飛躍的に増加してしまい、いかにして顧客を獲得するかということで競争が繰り広げられるようになってきています。開設の時期が互いに近いこともあって、設備面においてはどの医院でもそれほど大きな差はなく、技術や経験の面においても大きな差異がないことが多く、際をつける場所はサービスの提供の仕方や宣伝や広告の行い方に焦点が向けられている傾向があります。

ビジネスをうまく展開する協力者達

歯科医師の多くは医療の専門家であってもビジネスに関しては専門ではないことが多く、サービスの展開の仕方や宣伝広告の実践については他者の力を借りることも珍しくありません。 マーケティング戦略を担うコンサルタントに相談して、競合相手と差を出すためのビジネス戦略を考えるということも行われています。その地域の人口構成や人の流れから営業時間や営業日を変えたり、歯科医院の内装や外装を変えたり、リピーター獲得のためのサービス展開といった方法が生み出されてきています。 一方、Webを用いた宣伝が有効な今日においてはWebデザイナーに宣伝を含めたサイトの制作を依頼することもあります。技術力のない個人が作るよりも魅力的でわかりやすいサイトができるため、集客力の向上が期待できるからです。